米国がシリアで新たな空爆、ロケット弾攻撃による米兵の負傷受け 米当局者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国がシリアで新たな空爆、ロケット弾攻撃による米兵の負傷受け

(CNN) 米国がシリア北東部デリゾール近郊にある敵対勢力の拠点及びロケットランチャーを標的にした新たな空爆を実施した。これに先立つ24日には、有志連合軍の基地にロケット弾が撃ち込まれ、米軍兵士3人が軽傷を負っていた。米当局者が明らかにした。

空爆で敵側の戦闘員多数が殺害された。この空爆は対地攻撃機のAC130ガンシップ1機が夜間に行った。

これより前には米軍の攻撃用ヘリが車両3台と複数のロケットランチャーを破壊した。有志連合軍の基地へのロケット弾攻撃にはこのランチャーが使用されていた。米中央軍が声明で明らかにした。

初期段階の評価によると、ヘリからの攻撃ではイランの支援を受けた民兵2~3人も殺害されたという。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「シリア」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]