孫のトラブルかたり「保釈金」だまし取る、男3人が有罪答弁 米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高齢者から金をだまし取った容疑をめぐり、男3人が有罪を認めた/Stefani Reynolds/AFP/Getty Images

高齢者から金をだまし取った容疑をめぐり、男3人が有罪を認めた/Stefani Reynolds/AFP/Getty Images

(CNN) 米ロードアイランド州の高齢者14人に孫が逮捕されたなどとうそをつき、「保釈金」と称して現金をだまし取っていた男3人が、5日の罪状認否で有罪を認めた。

同州の連邦地検によると、被告はニュージャージー州出身の22歳の男2人と、ニューヨーク市の40歳の男。被害者は79~94歳の高齢者だった。

被告らは家族や弁護士を名乗って被害者に接触し、孫が自動車事故にかかわって逮捕されたので保釈金が必要だなどと主張。現金を用意して、自宅を訪ねる「受け子」に渡すよう指示していた。

1件につき約130万~1150万円、総額約4700万円の現金をだまし取ったとされる。

このうち1件で家族が介入したことから、警察が受け子役のメンバーを突き止めた。

22歳の2人は昨年6月、詐欺に加担する目的でこの地域に移り住んだという。

3人は詐欺を共謀した罪などで有罪を認めた。量刑の言い渡しは10月11日に予定されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]