ブッシュ氏「イラク侵攻は不当」、ウクライナと混同し即座に訂正

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブッシュ氏「イラク侵攻は不当」、ウクライナと混同し訂正

(CNN) 米国のブッシュ(子)元大統領(75)は22日までに、米テキサス州ダラスでの行事で演説し、自ら率いていた政権が仕掛けた2003年のイラク侵攻を「全面的に不当で野蛮」と形容、その直後にロシアによるウクライナ侵攻と言い間違えたと訂正する一幕があった。

元大統領はロシアの選挙は操作されており、政敵は投獄されたり、選挙プロセスへの参加から排除されていたりしていると主張。「その結果はロシアにおける抑制と均衡の不在であり、一人の男の決定で全く不当で野蛮なイラク侵攻が始まった」と述べた後に、「いや、ウクライナのことだ」と言い直した。

その後、忍び笑いを見せながら、小声で「イラクもだ」と述べた。場内に笑い声が起きる中で、「私は75歳になった」ともつけ加えた。

ブッシュ氏は演説で、ウクライナのゼレンスキー大統領にも触れ、「格好良い小さな男」「21世紀のチャーチル」と評した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]