砂丘でトンネル掘りの少年、生き埋めになり死亡 ユタ州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米ユタ州のコーラルピンク砂丘州立公園で13歳の少年が生き埋めとなり死亡した/Education Images/Universal Images Group/Getty Images

米ユタ州のコーラルピンク砂丘州立公園で13歳の少年が生き埋めとなり死亡した/Education Images/Universal Images Group/Getty Images

(CNN) ユタ州の砂丘で先週末、トンネルを掘っていた少年(13)が生き埋めになり、搬送先の病院で死亡が確認された。

州公園当局によると、少年は14日、家族とともにコーラルピンク砂丘州立公園を訪れ、砂にトンネルを掘っていた。同日午後5時半ごろ、このトンネルが崩壊して少年が下敷きになった。

近くにいた来園者らと公園スタッフが救出に駆け付けた。少年は同5時53分ごろ、深さ約2メートルの砂の中で見つかった。

空路地元の病院へ運ばれた後、州都ソルトレークシティーの病院へ搬送された。しかし脳の機能が回復せず、15日に死亡が確認された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]