イーロン・マスク氏、ツイッター買収を「保留」 スパムアカウント問題解決まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マスク氏、ツイッター買収を「保留」 スパムアカウント問題解決まで

サンフランシスコ/ロンドン(CNN Business) 米実業家でツイッターの買収を発表したイーロン・マスク氏と、ツイッターのパラグ・アグラワル最高経営責任者(CEO)との間でスパムアカウントをめぐる対立が激化している。マスク氏はスパムアカウントの情報をさらに入手できるまで買収の手続きを進めることはできないと述べた。

マスク氏は情報源を示さずに、ツイッターへの投稿で、ツイッターには「20%の偽もしくはスパムのアカウント」があると指摘し、ツイッターが米証券取引委員会(SEC)に提出した書類は判断を誤らせるものだと示唆した。ツイッターは、デイリーアクティブユーザーに占めるスパムアカウントの割合は5%未満としている。

マスク氏はツイッターへの投稿で、自身のツイッター買収の提案はSECに提出された書類が正確なものだということに基づいていると指摘。アグラワル氏からスパムアカウントの割合が5%未満だとする証拠の提示を断られたとして、アグラワル氏が証拠を示すまで買収提案を進めることはできないとの見方を示した。

マスク氏は16日にアグラワル氏とスパムアカウントをめぐって一連のツイートでやり取りしていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]