ベラルーシ国境線で米軍部隊にドローンが接近、米国防総省

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CNN) 米国防総省当局者は28日までに、ウクライナ戦争に関連し、米軍がロシア軍の「兵器」、特にドローン(無人機)と近接の距離で遭遇する事例が複数回起きたことを明らかにした。

ウクライナと接するベラルーシの国境線近くでドローンが米軍部隊の一部に近づく事例が2件あったと報告。

同当局者はウクライナ戦争に関する記者団への状況説明で、ドローン接近で米側に被害はなかったものの、「実際に起きた事柄だ」と強調した。

米側が警戒態勢を高めたり、準備していなかったりしたことはないとも説明。

このドローンがベラルーシあるいはロシアのものなのかには触れなかったが、「どちらにしろ我々はドローンの接近を脅威と受け止める」とした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]