小型機墜落、生存者見つからず 米カリフォルニア州南部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米カリフォルニア州で小型ジェット機が墜落した/ONSCENE.TV

米カリフォルニア州で小型ジェット機が墜落した/ONSCENE.TV

(CNN) 米カリフォルニア州南部のサンディエゴ郡エルカホンで27日午後7時すぎ、小型ジェット機が墜落した。当局によると、現場で生存者は見つかっていない。

墜落機は米航空機メーカーのリアジェット製で、現場近くの飛行場に着陸する予定だった。搭乗していた人数は不明。検視当局が今後、遺体の身元を確認する。

サンディエゴ郡保安局は、地上でけが人は出なかったことを確認した。車両1台が破損したとの報告もある。

消防隊が現場に駆け付けた時はかなりの雨が降り、約60メートルの範囲にがれきが散乱していた。

現場から約800メートルの消防署からは、火の玉と煙が見えたという。

エルカホン付近の当時の風速は約4~7メートルだったが、近くの山沿いでは最大風速が約17~20メートルに達していた。

目的地の飛行場では午後6時50分ごろから8時ごろまで、雲の高さが500フィート(約152メートル)を切り、視界が1.6キロを下回る状態が続いていた。専門家によると、この気象条件ではパイロットが目視でなく、計器に頼って飛行していたとみられる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]