感染レベル最大の「4」、ロシアなど4カ国追加 米CDC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米疾病対策センター(CDC)は、世界各地の新型コロナウイルス感染状況を4段階に分類したリストを更新し、レベル4の「極めて高い」カテゴリーにロシアなどを追加した/Kirill Kudryavtsev/AFP via Getty Images

米疾病対策センター(CDC)は、世界各地の新型コロナウイルス感染状況を4段階に分類したリストを更新し、レベル4の「極めて高い」カテゴリーにロシアなどを追加した/Kirill Kudryavtsev/AFP via Getty Images

(CNN) 米疾病対策センター(CDC)は1日、世界各地の新型コロナウイルス感染状況を4段階に分類したリストを更新し、レベル4の「極めて高い」カテゴリーにロシアなど4カ国を追加した。

毎週更新されるCDCのリストでは、直近28日間の感染者が10万人あたり100~500人だった国・地域がレベル3、500人を超えればレベル4に分類される。

ロシアはレベル3から4に引き上げられた。新たにレベル4となったのはほかにベルギー、スロバキア、西アフリカのブルキナファソ。このレベルには現在、80近い国と地域が指定されている。

レベル3には1日付で4カ国が追加された。フィジーとジャマイカがレベル4から引き下げられ、ポーランドはレベル2から一段階上がった。さらに、これまで情報不足で「不明」のカテゴリーに入っていたラオスが加わった。

直近28日間の感染者が10万人あたり50~99人のレベル2に、今週追加された国はない。このカテゴリーにはコロンビア、ペルー、インドなどが入っている。同50人未満だったレベル1の国としては、入国規制の緩和を発表したばかりのニュージーランドなどが挙げられる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]