発電所に侵入した男、高電圧装置に接触し感電死 米アイダホ州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
地元消防が提供した写真/Idaho Falls Fire Dept./EIN

地元消防が提供した写真/Idaho Falls Fire Dept./EIN

アイダホフォールズ(eastidahonews.com) 米アイダホ州アイダホフォールズで14日の深夜12時前、男が発電所の構内に侵入し、給水塔によじ登っているとの通報があり、同市の警察官および消防隊員らが現場に駆け付ける騒ぎがあった。

最初に現場で対応に当たった当局者らはしばらくの間、男への説得を試みた。だが男は手に負えない状態で、給水塔から降りて来ようとせず、後から登って来る者には暴力を振るうと脅していたという。

当局者らは状況をさらに悪化させるばかりでなく、自らの生命をもリスクにさらす可能性があるため、男をさらに興奮させないよう慎重に対応。

男に降りてくるよう説得する試みも不発に終わり、給水塔から排除する安全な方法も他になかったことから、一時的に現場を退いた。

その一方、ある時点で男は給水塔から降り、発電所の発電および送電設備へと向かい、発電装置を取り囲むフェンスを乗り越えた。そうして建物西側のコンクリート壁上を走り抜けたという。

窓から事態を注視していた発電所の職員は、閃光(せんこう)が走るのを目にし、轟音(ごうおん)が鳴り響くのを耳にした。その際、男は変圧器に飛び乗り、高電圧の送電線に接触。即死したという。

発電所の職員が施設の安全確保のために増援された際、消防隊員らは高電圧の装置へと安全に到達することが出来たという。

男の近親者に対しては15日朝、連絡がついた一方、現時点でさらなる情報は発表されていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]