未接種者の53%、ワクチンはコロナより危険 米調査

新型コロナウイルスのワクチンを接種していない米成人のうち53%がワクチンのほうが新型コロナウイルスよりも危険との認識を抱いていることがわかった/Scott Olson/Getty Images

新型コロナウイルスのワクチンを接種していない米成人のうち53%がワクチンのほうが新型コロナウイルスよりも危険との認識を抱いていることがわかった/Scott Olson/Getty Images

(CNN) 米国の非営利団体「カイザー・ファミリー財団」は8日までに、新型コロナウイルスのワクチン接種をまだ受けていない米国人成人の53%が、ワクチンは新型コロナ自体より危険との認識を抱いているとの最新調査結果を公表した。

一方で接種済みの国民の88%は感染が招く健康障害はワクチンより深刻ととらえていた。

今なお継続中の同財団の調査によると、未接種者のうちの57%はメディアは新型コロナの深刻さを過大に伝えていると回答。一方で接種者の4分の3はメディアの報道は総じて正確とし、重大さを過小評価しているとしたのは24%だった。

調査結果によると、ワクチン接種にかたくな拒否姿勢を貫く比率は昨年12月の同様調査時と変わらず、断固しないとしたのは約14%。この回答者のうちの75%はメディア報道は誇張と断じていた。

まだ接種していない米国民の23%は、ワクチンは救命に非常にあるいは極めて有効と判断していた。科学的根拠を見た場合、ワクチンは救命に有効との結果を示す有力な材料が出ている。

接種済みの成人の53%は食料品や他の屋内施設などでマスクを着用していると報告。未接種者の場合は44%だった。同財団によると、この数字の差異は未接種の共和党支持者の存在が大きく作用している。同党支持者の大半は職場や食料品店を含む混雑した屋外の場所でも決してマスクを装着しないと答えていた。

未接種者の4分の1、数字にして調査対象の成人の8%は今年末までにワクチン投与を受ける可能性があると考えていた。

今回調査は7月15〜27日の間、米国人成人の1500人を対象に実施した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]