バイデン米大統領、辞任拒んだ社会保障局長を解任

社会保障局長の指名承認公聴会に出席したアンドリュー・ソール氏=2018年/Chip Somodevilla/Getty Images/File

社会保障局長の指名承認公聴会に出席したアンドリュー・ソール氏=2018年/Chip Somodevilla/Getty Images/File

(CNN) バイデン米大統領は9日、辞表の提出を拒否していたアンドリュー・ソール社会保障局長を解任した。ホワイトハウス高官がCNNに対して明らかにした。

この高官によると、バイデン氏は社会保障局のトップ2人に対し辞表の提出を求めていたが、ソール局長のみが提出を拒否。デービッド・ブラック副局長が提出に同意し、受理された。

同高官は「ソール局長は就任以来、社会保障の障害給付を毀損(きそん)して政治化し、同局職員の最大25%に利用されるテレワークの方針を打ち切った。新型コロナ感染症の下での職場における安全対策などをめぐって関連する連邦職員組合と社会保障局との関係を修復せず、福祉手当に対する異議申し立ての審理について適正手続きの保護を縮小した。同局の使命と大統領の政策目標に反する行動を取った」と説明している。

バイデン氏は局長代行としてキロロ・キジャカジ氏を任命する一方、局長および副局長の後任探しを行うという。

キジャカジ氏は現在、退職および障害年金担当の副局長を務めている。

ソール氏の解任を最初に報じたのは米紙ワシントン・ポストで、ソール氏の任期は2025年1月29日までの6年間だった。

ホワイトハウスはバイデン氏にソール氏を解任する権限があることを確証する最高裁の判例を引用した。一方、ソール氏は同紙との9日付のインタビューで、身を引くつもりはなく、ホワイトハウスが自分を局長の職から解任することが合法かどうか疑問視する見解を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]