バイデン氏、アフガン撤退の決断を擁護 「国家建設に行ったわけではない」

バイデン氏、アフガン撤退の決断を自ら擁護

(CNN) バイデン米大統領は8日、アフガニスタン駐留米軍の撤退に触れ、戦争終結を決めた自身の決断を強く擁護した。米国がどれだけ駐留を継続しても、アフガンが抱える厄介な問題を解決することはできないと主張した。

バイデン氏はその上で、米国の人命や資金、関心は別の場所に集中させるべきだと主張。アフガンの反政府武装勢力「タリバーン」が完全支配を確立する可能性について問われると、バイデン氏は語気を強め、アフガンの歴史には米国に何かできることがあると示唆する要素は何もないと述べた。

さらに自国の防衛を担うのは今やアフガン人自身だとし、20年に及んだ戦争を経て、これ以上米国にできることは何もないと語った。

バイデン氏はこの日、国家安全保障チームから現地の治安情勢悪化について説明を受けた後、ホワイトハウスのイーストルームで演説に臨んだ。

バイデン氏がアフガン戦争終結の決断について公式の場で触れたのは、4月に撤退計画を発表してから初めて。長年戦争に懐疑的だったバイデン氏は、兵力維持を求める軍指導部の声をはねのけ、駐留継続によって得られるものはないと判断した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]