黒人男性射殺で3夜連続の抗議運動、デモ隊と警官隊が衝突 米ミネソタ州

「撃つな」と叫びながら講義する人々/Kerem Yucel/AFP/Getty Images

「撃つな」と叫びながら講義する人々/Kerem Yucel/AFP/Getty Images

(CNN) 米ミネソタ州ミネアポリス郊外のブルックリンセンターで、黒人男性のダンテ・ライトさんが射殺された事件に抗議するデモが3夜連続で続き、多数の逮捕者が出ている。警察は13日、抗議運動を違法な集会に指定した。

13日午後の抗議運動は平和的に行われていたが、日が沈むとブルックリンセンター警察署前で暴動が発生。警察はデモ隊に対して催涙スプレーや閃光(せんこう)弾を使用し、デモ隊はデモ鎮圧装備姿の警官隊に向けて水ボトルなどを投げつけた。

同州法執行機関のツイッターによると、現地時間の午後10時にはブルックリンセンターとミネアポリス、セントポールに夜間外出禁止令が出された。この日のデモには数百人が集まり、ブルックリンセンター警察署前から米連邦捜査局(FBI)支部までデモ行進を行った。

ただ、同警察署が管轄する地区の住民に出された警報のスクリーンショットによれば、ブルックリンセンターの夜間外出禁止令はそれより早い時間に出されていた。公衆安全当局は何度も解散命令を出し、違法集会を宣言していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]