2024年大統領選、トランプ氏出馬なら「支持」 ヘイリー元国連大使

ヘイリー元国連大使(右)は、トランプ氏が大統領選に出馬するなら支持すると述べた/Getty Images

ヘイリー元国連大使(右)は、トランプ氏が大統領選に出馬するなら支持すると述べた/Getty Images

ワシントン(CNN) ニッキー・ヘイリー元米国連大使は12日、かつての上司に当たるトランプ前大統領が2024年の大統領選で再び共和党の候補者として出馬するならこれを支持する意向を表明した。トランプ氏に対抗して自らが出馬することはないとした。

サウスカロライナ州立大学での記者会見で、AP通信からの質問に対して答えた。トランプ氏が大統領選に出馬するのであれば自らは選挙活動を行わないと説明し、同氏の出馬の判断についてはいずれかの時点で本人と話し合うつもりだと述べた。

24年大統領選の最有力候補の1人とも目されるヘイリー氏からこうしたコメントが出たことは、共和党内でのトランプ氏の人気が今なお非常に根強いものであることを裏付ける。同氏はこれまでも大統領選への出馬について思わせぶりな発言をする一方、22年の中間選挙では自らを共和党の候補者選出の実権を握る重要人物に位置付けている。

ヘイリー氏はトランプ氏と良好な関係を保ったまま18年に政権を去ったが、今年1月の連邦議会議事堂襲撃事件を受けてトランプ氏に対し厳しい批判を浴びせた。

2月刊行のポリティコ誌に掲載されたインタビューでは、「トランプ氏は進むべき道を間違えた。我々は彼に従うべきではなかったし、その声に耳を傾けるべきでもなかった。このような事態を二度と起こしてはならない」と語っていた。

トランプ氏が事件の責任をどのように取るべきかとの同誌の質問に対しては「本人は今後、一段と孤立を深めることになると思う」と回答していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]