ファイザーとモデルナのワクチン、2回接種で有効性90% 米CDCが実世界で検証

モデルナ製ワクチンの接種が行われる様子=18日、メリーランド州ランドオーバー/Chip Somodevilla/Getty Images

モデルナ製ワクチンの接種が行われる様子=18日、メリーランド州ランドオーバー/Chip Somodevilla/Getty Images

(CNN) 米疾病対策センター(CDC)は29日、新型コロナウイルスワクチンの有効性に関する報告書を発表し、米ファイザーとモデルナのワクチンを2回接種すれば、無症状の感染も含めて感染を90%予防する効果が実際の接種で認められたと報告した。

報告書によると、1回目の接種から14日以上が経過した時点での有効性は、2回目の接種を受ける前でも80%だった。

今回の調査では、全米8カ所の医療従事者など約4000人を対象として、ワクチンの予防効果を検証した。対象者については昨年12月半ばから今年3月半ばにかけ、検査やメールによる報告などを通じて経過観察を行った。

対象者のうち62%以上はファイザーまたはモデルナのワクチン接種を2回受け、12%以上は1回のみ受けていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]