米、ミャンマー国軍に制裁 EUなどと協調

米国のブリンケン国務長官/Mark Makela/Getty Images

米国のブリンケン国務長官/Mark Makela/Getty Images

ワシントン(CNN) ブリンケン米国務長官は22日、ミャンマー国軍がクーデターへの抗議デモを弾圧しているとして、司令官らに対する制裁を発表した。欧州連合(EU)と英国、カナダも同時に対ミャンマー制裁を発動した。

ブリンケン氏はミャンマー国軍に対して、不当に拘束された人々を解放し、市民やジャーナリスト、労組メンバーらへの攻撃をやめて、治安部隊による殺りくを停止し、選挙で選ばれた民主政権に権力を移譲するよう求めた。

そのうえで、ミャンマー国民の表現と集会の自由を侵す行為に直接または間接的にかかわったとして、同国の警察トップと特殊作戦局司令官、軍の2部隊を名指しした。一方の部隊のメンバーは、同国第2の都市マンダレーでデモ隊に実弾を撃ち込んだとされる。

EUの制裁はミャンマー国軍の総司令官や副官、選管トップらが対象。ブリンケン氏によると、英国とカナダの制裁対象も多くが同じ人物だという。

米国とEUなど同盟国はこれに先立ち、中国の少数民族ウイグル族の人権侵害を理由に、中国当局者らにも制裁を科していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]