春休みでにぎわうビーチ、週末に100人拘束 米フロリダ州

海岸をパトロールする地元警官=3月4日、フロリダ州フォートローダーデール/Joe Raedle/Getty Images North America/Getty Images

海岸をパトロールする地元警官=3月4日、フロリダ州フォートローダーデール/Joe Raedle/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) 米フロリダ州の海岸が春休みの人出で混雑し、警察が対応に苦慮している。南部マイアミビーチではこの週末に約100人が拘束され、警官2人が負傷した。

マイアミビーチ警察のツイートによると、12日夜には大勢の集団が騒ぎを起こして警官らを取り巻き、負傷した警官2人が病院へ運ばれた。警察側はペッパー弾を使って解散を促したという。

13日夜には30人が拘束された。市当局の報道担当者によると、週末に拘束された約100人のうち、一部は武器や薬物の押収にともなって逮捕された。

同担当者によると、市内では毎年、春休みになると同様の騒ぎが起きる。しかし今年は新型コロナウイルス感染対策のため、対応の難しさが倍増しているという。

感染対策のマスク着用ルールに違反する人がいても、地元当局に罰金を科す権限はなく、できることといえばマスクの無料配布くらいだ。

ゲルバー市長は13日、CNNとのインタビューで、春休みの人出が多すぎると懸念を示し、対応が非常に難しいと強調した。

フロリダ州保健当局によると、州内の感染者は一時減少していたが、過去5日間は増加傾向にある。13日時点の累計は197万3109人と、前日より5167人増えた。新規感染者の多くはマイアミビーチのあるマイアミデード郡と、その北側のブロワード郡に集中している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]