米下院、200兆円規模のコロナ救済法案を可決

米下院が200兆円規模の新型コロナ救済法案を可決/House TV

米下院が200兆円規模の新型コロナ救済法案を可決/House TV

(CNN) 米下院は27日未明、バイデン大統領が掲げる1.9兆ドル(約200兆円)規模の新型コロナウイルス救済法案を可決した。新政権が最優先課題と位置付ける法案の成立に向けて、大きく前進した形だ。

採決の結果は賛成219、反対212だった。民主党議員2人が党の意向に反して反対に回った。法案に賛成票を投じた共和党議員は1人もおらず、超党派の支持を得るには至らなかった。

法案は今後、上院で審議される見通し。

上院では、最低賃金を引き上げる条項が削除されるとみられている。上院の議事運営専門員(パーラメンタリアン)が、最低賃金引き上げを「財政調整」と呼ばれる手続きの対象にはできないとする判断を示したためだ。上院の民主党議員はこの手続きを活用し、法案を単純過半数の賛成で可決する方針。

法案には中小企業への直接支援、年収7万5000ドル未満の米国民に対する1400ドルの直接給付、州・地方政府への支援、ワクチン供給への追加の資金投入などが含まれる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]