ミシシッピ川のほとりでテレワーク、市が引っ越し費用や給付金を支給

ミシシッピ川のほとりにあるナチェズ市は夕暮れ時の美しい景色で有名/Henrietta Wildsmith/The Shreveport Times/USA Today Network

ミシシッピ川のほとりにあるナチェズ市は夕暮れ時の美しい景色で有名/Henrietta Wildsmith/The Shreveport Times/USA Today Network

(CNN) 米南部ミシシッピ州ナチェズ市がテレワーク(在宅勤務)を行うテレワーカーに対して「魅力的で歴史のある地域社会」に1年間の引っ越しをするよう呼び掛ける「シフト・サウス」というプログラムを実施している。

ナチェズ市のダン・ギブソン市長はCNNの取材に対し、参加者には2500ドル(約26万円)の転居費用を提供するほか、1年にわたって毎月300ドルの給付金を支払うと語った。

ギブソン市長は、テレワーカーに対してこうしたインセンティブ(動機)を提供する深南部(ディープ・サウス)で最初で唯一の町となることにわくわくしていると語った。

募集枠は30。応募者はテレワーカーとして米国で雇用される必要があるほか、主たる住所をナチェズ市にして、15万ドル以上の住宅を購入しなければならない。そして、そこを1年間にわたって所有し、生活もそこで行う。

ギブソン市長によれば、ナチェズ市は人口約1万5000人でミシシッピ川沿いに位置しており、生活費は全米平均よりも大幅に安く収まるという。

不動産サイト「ジロー」によれば、ナチェズ市の住宅価格の中央値は9万6000ドルと全米平均の25万ドル超を大きく下回っている。

ギブソン市長によれば、今回の投資は財産税や売上税の増加により向こう2年で回収できる見通し。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]