米、英国のコロナ変異種を初検出 入院患者最多に

英国で確認された感染力が強いとされる新型コロナウイルスの変異種が米国でも初めて見つかった/Francine Orr/Los Angeles Times/Getty Images

英国で確認された感染力が強いとされる新型コロナウイルスの変異種が米国でも初めて見つかった/Francine Orr/Los Angeles Times/Getty Images

(CNN) 米コロラド州のポリス知事は29日、英国で確認された感染力が強いとされる新型コロナウイルス変異種が、コロラド州内の男性から検出されたと発表した。英国の変異種が米国で見つかったのは初めて。

発表によると、男性は20代で、渡航歴はなかった。現在は同州エルバート郡で隔離されている。

保健当局は、接触確認の聴き取りを行うなどして接触者や感染した可能性のある人を突き止める作業を行っている。

各国の保健当局によれば、これまでの新型コロナウイルスに比べて変異種の方が致死率が高いわけではないと思われる。

変異種の発見を受け、各国は英国からの航空便の乗り入れを相次いで禁止している。米疾病対策センター(CDC)は先ごろ、英ロンドンから米国を訪れる乗客について、出発前72時間以内の新型コロナウイルス検査での陰性証明を入国の条件とすると明らかにした。

変異種は英国で9月ごろから出回っており、米保健当局は、既に米国でも存在している可能性が大きいとの見方を示していた。

COVIDトラッキング・プロジェクトによると、米国で29日に報告された新型コロナウイルスの入院患者は12万4686人に上り、1日当たりの入院患者としては過去最高に達した。米保健福祉省によれば、集中治療室(ICU)の入院患者に占める新型コロナウイルス感染者の割合は、9月の16%から、12月21日の週は40%へと急増している。

米国内の12月の死者は既に過去最多を更新している。しかし米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は29日、ホリデー期間の旅行者が多かったことから、1月は事態がさらに悪化する可能性があるとの見通しを示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]