スイスのスキー場、英国人客が「こっそり」脱出 新たな隔離措置避ける

スイス・ベルビエに滞在していた英国からの観光客の一部が、新たな隔離措置から逃れようと「脱出」していたことがわかった/Fabrice Coffrini/AFP/Getty Images

スイス・ベルビエに滞在していた英国からの観光客の一部が、新たな隔離措置から逃れようと「脱出」していたことがわかった/Fabrice Coffrini/AFP/Getty Images

(CNN) スイス西部のスキーリゾート、ベルビエに滞在していた英国人客の一部が、新たな隔離措置から逃れようと「こっそり」脱出していたことが分かった。

地元当局者が28日に語ったところによると、夜の闇に紛れてひそかに逃げ出した客もいるという。

英国で最近、新型コロナウイルスの変異種が見つかったことを受け、これまでに40カ国以上が同国からの入国を制限している。スイス当局も21日に英国と、別の変異種が確認された南アフリカからの入国禁止を発表し、両国から14日以降に入っていた旅行者全員に10日間の隔離措置を義務付けた。

当局者によると、隔離対象となった英国人旅行者は370人。このうち一部は帰国の手段が見つかりしだい脱出したとみられるが、正確な人数は確認されていない。スイスから英国への便は運航を停止しているため、フランスに向かった客もいるという。

「隔離されるのはたまらないという気持ちも分かる。狭いホテルの部屋に何人も一緒に閉じ込められ、宿泊費も負担しなければならない」と、同当局者は理解を示す。

ベルビエ観光当局の責任者によると、英国からの旅行客は通常、ここを訪れる人の21%を占めるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]