ファウチ所長、全国民がワクチン接種なら来夏にも「正常化」

国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長/Kevin Dietsch/Pool/Getty Images

国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長/Kevin Dietsch/Pool/Getty Images

(CNN) 米政府の新型コロナウイルス予防策を担う中心人物の1人であるファウチ米国立アレルギー感染症研究所長は13日までに、全ての米国民がワクチン接種を受けた場合、日常生活の正常化は来年の夏あるいは秋の初めまでに実現する可能性があるとの見方を示した。

CNNの取材に、正常化の到来はどれだけ多くの米国民が迅速にワクチン投与を受けるかにかかっているとも強調した。

米国内のワクチン準備については米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会が米製薬大手ファイザーとドイツのバイオ企業ビオンテックが開発したワクチンの緊急使用許可を勧告。これを受けFDAが11日、承認に踏み切った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]