トランプ氏の感染リスクへの態度、3分の2が「無責任」と回答 米世論調査

トランプ氏の新型コロナ対応、3分の2が「無責任」と回答 

(CNN) トランプ米大統領は周囲の人々が新型コロナウイルスに感染するリスクに対し、無責任な態度を取ったと考える米国民が、全体の約3分の2を占めることが分かった。

CNNの委託を受けた調査会社SSRSが今月1~4日、成人1205人を対象に電話で世論調査を実施し、トランプ氏の入院を受けて2日から新たな質問を追加した。

トランプ氏の無責任な態度を指摘する声は女性(72%)、65歳以上(66%)、無党派層(66%)、大卒白人(65%)のグループで特に目立ち、「責任ある対応」とみる層はトランプ氏の支持者(79%)、共和党員(76%)に限られていた。

トランプ氏の入院中、同氏の容体に関するホワイトハウスの発表が「ほとんど信じられない」と答えた人は69%に上り、「ほぼ信頼できる」とした人は12%にとどまった。

この質問でも、「信頼できる」との回答が過半数を占めた層はトランプ氏の支持者(66%)や共和党員(65%)が中心だった。

新型ウイルス感染拡大へのトランプ氏の対応を「支持しない」との回答は60%と、過去最高を記録した。特に女性の間では先月の63%から69%、非白人では65%から73%に増えた。

トランプ氏自身が感染したことで対応が変化するかという質問には、63%が「何も変わらないだろう」と答えた。

新型ウイルス感染がすでに最悪の時期を越えたとみる人は48%で、先月の51%から減少している。

トランプ氏の全体的な支持率は40%。不支持の回答は57%と、先月初めの53%からさらに上昇した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]