トランプ氏、10年間所得税の納付なし 米紙報道

トランプ氏、所得税10年間納めず

ワシントン(CNN) 米紙ニューヨーク・タイムズは27日、トランプ大統領が2000年から15年間のうち10年間は収支が赤字だったとして、所得税を納めていなかったと報じた。

同紙が入手した過去20年以上の納税記録によると、トランプ氏が大統領選で当選した16年と就任当初の17年に納付した連邦所得税も、それぞれ750ドル(約7万9000円)にとどまっていた。

同氏は27日の記者会見でこの報道内容を否定し、連邦、州所得税をどちらも「たくさん払っている」と主張した。

そのうえで、内国歳入庁(IRS)の監査が終わった後に納税申告書を公開する用意があると述べた。

トランプ氏は前回大統領選の前も歴代候補の通例に反し、監査を理由に納税記録の公開を拒否。就任後も同じ主張を繰り返してきた。実際にはIRSの監査中でも、公開は禁じられていない。

トランプ一族の中核企業トランプ・オーガニゼーションの弁護士は、同紙の指摘に対して「大半の事実は不正確のようだ」と述べ、資料の開示を請求した。

ニューヨーク・タイムズは「大きな個人的リスクを冒した」情報源を守るため、具体的な納税データの公表を控えるとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]