米、イランのタンカー4隻拿捕し石油押収 ベネズエラ向け

米国がイランのタンカー4隻を拿捕し、ベネズエラ向けの石油を押収した/Mark Wilson/Getty Images

米国がイランのタンカー4隻を拿捕し、ベネズエラ向けの石油を押収した/Mark Wilson/Getty Images

(CNN) 米司法省は14日、イランの革命防衛隊の手配で南米ベネズエラへ向かっていた外国籍タンカー4隻を拿捕(だほ)し、積載していた石油製品を差し押さえたと発表した。

報道発表文によると、米裁判所の承認を得た拿捕とし、没収した石油は約112万バレル相当。イランから出発した石油の押収量としては過去最大規模とした。

タンカー4隻を阻止した海域や発生日時は不明。司法当局者は、拿捕が完了した際、「イラン海軍が差し押さえられた石油を取り戻すためか、作戦とは無関係の船舶に乗り込んだ」と説明。

中東などを管轄する米中央軍はツイッターの公式アカウントで、イラン軍による公海上でのこの行動をとらえたビデオ映像を公開した。

米政府は精鋭部隊でイラン指導部の親衛隊的性格も帯びる革命防衛隊を外国テロ組織に指定。一方、ベネズエラでは反米路線のマドゥロ大統領率いる政権と反政権派のせめぎ合いが長引いており、米国は反政権派に肩入れしている。

米国務省のオルタガス報道官は14日の声明で、没収した石油の処分の手続きが米裁判所で順調に進めばその利益は国家支援のテロの被害者の支援に充てる可能性があるともした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]