登校初日に児童1人が陽性反応、教室閉鎖に 米ジョージア州

児童1人が新型コロナウイルスで陽性が確認され、教室が閉鎖となった/CBS46

児童1人が新型コロナウイルスで陽性が確認され、教室が閉鎖となった/CBS46

(CNN) 3日から新学期の対面授業が始まった米ジョージア州の学校区で、児童1人が初日に登校した後、新型コロナウイルス感染の検査で陽性反応を示し、同級生らが2週間の隔離を求められる事態となった。

同州のチェロキー郡学校区では、小学2年生の児童1人が3日に陽性判定を受けた。翌日から教室は消毒のために閉鎖され、担任の教師と児童20人が隔離された。

全米各地の学校区で新学期を前に、対面授業を再開するかどうか、再開する場合はどのような感染対策を取るべきかという議論が続いてきた。

チェロキー郡の学校では子どもたちにマスク着用を義務付けず、互いに十分な距離を取れない場面に限って着用を推奨している。州当局がマスク着用を義務化した場合は従う方針だが、ケンプ知事は義務化を拒否する立場を貫いてきた。

同州マリエッタ市の学校区では、4日から遠隔方式で授業が始まった。だが学校区の報道担当者によると、先月27日に始まった現場での準備期間中に、教師や運転手、用務員ら職員5人の感染が確認され、もう1人が陽性と推定されている。

州都アトランタ近郊のグウィネット郡学校区は12日から遠隔授業を開始するが、先週までに陽性反応を示したり、陽性者と接触したりした職員が約260人に上ったと報告されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]