全米オープン、スペインのナダル選手が欠場を表明

ラファエル・ナダル選手がテニスの全米オープンを欠場すると発表した/Hector Vivas/Getty Images

ラファエル・ナダル選手がテニスの全米オープンを欠場すると発表した/Hector Vivas/Getty Images

(CNN) 男子テニス世界ランク2位のラファエル・ナダル(スペイン)は4日、今月31日から米ニューヨークで開催されるテニスの全米オープンを欠場すると発表した。

ナダルはツイッター上で欠場の決断を明らかにし、新型コロナウイルス感染をめぐる全世界の状況は「非常に複雑」だと指摘。「感染者が増え、私たちはそれをまだ制御できていないようだ」と書き込んだ。

ライバルのロジャー・フェデラー(スイス)もひざの故障により、すでに全米オープン欠場を決めている。

主催の全米テニス協会(USTA)が4日に発表したエントリーリストには、男子の世界ランク1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)やドミニク・ティエム(オーストリア)、ダニール・メドベージェフ(ロシア)らの名前があった。

女子では世界ランク1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)が先日、欠場を発表したが、昨年のシングルスを制したビアンカ・アンドレ―スク(カナダ)、世界ランク2位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)、セリーナ・ウィリアムズ、大坂なおみらがエントリーしている。

ただし、リスト上にも最終的な決断に至っていない選手は多く、全員が出場するとは限らない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]