米東海岸にハリケーン接近、フロリダ州で暴風雨 4日にも上陸へ

ハリケーンが米東海岸に接近

(CNN) 熱帯暴風雨の「イサイアス」が勢力を強めながら米南東部に接近している。4日にはハリケーンとなってサウスカロライナ州とノースカロライナ州の州境付近に上陸する見通しで、気象当局や州などが警戒を呼びかけている。

イサイアスは現地時間の2日午後8時現在、フロリダ州ケープカナベラルの東南東約88キロの地点にあり、最大風速は約31メートル。

米国立ハリケーンセンターは2日夕、サウスカロライナ州とノースカロライナ州の沿岸部にハリケーン警報を出し、3日夜から4日早朝にかけてハリケーン級の暴風が予想されるとして注意を促した。

イサイアスは2日にカリブ海のグランドバハマ島を直撃した。同島フリーポートでは2日正午までに風雨は収まった様子だが、現地の住民によると、豪雨のために約90センチの洪水が発生しているという。

フロリダ州はイサイアスの接近で暴風や豪雨に見舞われ、ノースカロライナ州やサウスカロライナ州の一部でも大雨が降っている。

国立ハリケーンセンターによると、イサイアスがもたらした豪雨の影響で、バハマ北西部では夜にかけても生命を脅かすような鉄砲水が発生する恐れがある。

また、米東海岸中部のノースカロライナ州やサウスカロライナ州など大西洋に面した地域でも、週半ばにかけて鉄砲水や洪水、河川の氾濫(はんらん)の恐れがある。

4日から5日にかけてはさらに北上する見通しで、ニューヨークなど北東部の州でも大雨が予想される。

ノースカロライナ州とバージニア州はハリケーン到来に備えて緊急事態を宣言した。フロリダ州も複数の郡で緊急事態を宣言し、避難所の密集を避けるため、州全土で避難者を受け入れるよう要請した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]