新型コロナの死者統計は過剰か、トランプ大統領が疑念 専門家は反対の意見

新型コロナに関する公式統計についてトランプ氏と側近らが議論を交わしていることがわかった/CNN

新型コロナに関する公式統計についてトランプ氏と側近らが議論を交わしていることがわかった/CNN

(CNN) 新型コロナウイルスによる米国内の死者数の集計をめぐり、米疾病対策センター(CDC)などがまとめた公式統計を疑問視する見方がホワイトハウス内部で浮上している。

事情に詳しい関係者によると、トランプ大統領と側近の間では、政権が死亡率や死亡予測の推計に使っている数値が、今後の計画を立てるための信頼できる指標として利用できるのかどうかについて、論議が交わされているという。

この問題に詳しい複数の関係者によれば、全米で症例数が着実に減少する中で、トランプ大統領と一部の側近は、死者数が過剰に集計されているのではないかとの疑問を持つようになった。ただしトランプ大統領は公の場では、この数字の正確さを強調している。

反対に、ホワイトハウスの新型コロナウイルス対策を率いる専門家のファウチ国立アレルギー・感染症研究所長は、病院へ行かずに自宅で死亡する人もいると指摘し、新型コロナウイルスによる死者は統計よりも多いとの見方を示していた。

しかしトランプ大統領の周辺では、CDCから伝えられる新型コロナウイルス関連の統計には疑問があり、数字が古かったり歪(ゆが)められたりしている可能性があるとの見方が浮上。ホワイトハウス対策本部の会合では、CDCがどのように統計をまとめているのかについて、政権高官が疑問を投げかけていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]