猛暑の米カリフォルニア州、南部のビーチに大勢の人出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加州南部のビーチに大勢の人出

カリフォルニア州マリブ(CNN) 米カリフォルニア州南部は25~26日の週末にかけて熱波に見舞われ、新型コロナウイルス対策の外出禁止命令が州全域に出されている中で、ビーチに大勢の人が詰めかけた。

ロサンゼルス郡とサンディエゴ郡のビーチは閉鎖が続いているが、ベンチュラ郡とオレンジ郡のビーチは解放されている。ただしビーチに立ち入る場合でも数多くの規制があり、遠方からの海水浴客が来られないよう、駐車場は閉鎖されている。

ロサンゼルスの25日の気温は33度を超えた。同日オレンジ郡のハンティントンビーチを訪れた男性はCNN系列局KABCの取材に対し、「こんな素晴らしい日に閉じこもってなんかいられない」「みんな外に出たいんだと思う」「閉じ込められて、気が変になりそうなんだと思う」と話した。

ベンチュラ、オレンジの両郡とも、ビーチを訪れた人たちは他人との距離を置くソーシャル・ディスタンシングのルールを守っていると報告した。

ハンティントンビーチを満喫する人々=25日、カリフォルニア州/Apu Gomes/AFP via Getty Images
ハンティントンビーチを満喫する人々=25日、カリフォルニア州/Apu Gomes/AFP via Getty Images

26日になると気温はやや下がったものの、引き続き大勢の人がビーチに出かけた。ベンチュラ郡北郊のディアクリークビーチでは、犬を遊ばせたり海水浴やサーフィンを楽しむ人たちの姿が見られた。

そうした光景とは対照的に、ロサンゼルス郡のビーチはゴーストタウン状態だった。同郡ではビーチや駐車場の閉鎖を含めた外出禁止命令が5月15日まで続く。

ビーチの駐車場入り口は「制限区域。立ち入り禁止」の看板でふさがれ、ロサンゼルス郡保安官事務所はツイッターで住民に対し、ビーチに出かけないよう念押しした。住民が暑さをしのぐための緊急避難所も開設された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]