バー入店待ちの行列に銃乱射 2人死亡、15人負傷 米

米カンザス州で、バーの入店待ちの行列を狙った発砲があり、死傷者が出た/KMBC

米カンザス州で、バーの入店待ちの行列を狙った発砲があり、死傷者が出た/KMBC

(CNN) 米カンザス州カンザスシティーで19日夜、バーの入店待ちの行列を狙って男が銃を乱射し、警察によると2人が死亡、少なくとも15人が負傷して病院に運ばれた。銃撃犯は、武装した警備員によって阻止された。

バーの駐車場では銃撃犯とみられる男1人と、女性1人が死亡しているのが見つかった。警察によると、駐車場では武装した警備員と銃撃犯との間で銃撃戦が起きていた。

この数時間前、プロフットボールNFLの試合がカンザスシティーで行われ、地元カンザスシティー・チーフスがテネシー・タイタンズを破ってスーパーボウル進出を果たしていた。

CNN系列局KCTVによると、事件が起きたバーの経営者は、チーフスの元コーナーバックだった。

警察に通報があったのは19日午後11時半ごろ。警官は発砲せず、銃撃戦には関与しなかったという。

けがをして近くの病院に運ばれた15人のうち、3人は重体となっている。

銃撃の前には騒ぎがあったとみられるが、その騒ぎが銃撃につながったかどうかは不明。捜査員が証拠を収集し、目撃者から話を聞くなどして捜査を続けている。

カンザスシティーのキントン・ルーカス市長は20日、ツイッターを通じて犠牲者に哀悼の意を表し、「警備員のおかげで事態の一層の悪化は食い止められたようだ」と伝えている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]