フェデックス運転手が強盗と銃撃戦、容疑者の男を射殺 米フィラデルフィア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェデックス運転手が強盗と銃撃戦、容疑者を射殺 米

(CNN) 米ペンシルベニア州フィラデルフィアで、運輸大手フェデックスの運転手が強盗に襲われ、持っていた銃で反撃して相手を射殺する事件があった。

CNN系列局KYWが警察の話として伝えたところによると、フェデックスの運転手は17日夕刻、荷物を降ろしていたところを強盗に襲われた。

運転手は警察の調べに対し、容疑者の男に銃口を突き付けられて金品を奪われ、腹部を撃たれたと話している。

だがCNN系列局のWPVIによれば、この運転手も銃を携帯していた。

運転手は銃を撃ち返すと自分で車を運転して食品店に行き、警察に事情を説明した。

現場に駆け付けた警察は、容疑者と思われる27歳の男が銃弾を浴びて倒れているのを発見。盗まれた金品はこの男が所持していた。

男は胸と背中、胴体に複数の銃弾を浴びており、搬送先の病院で死亡した。

KYWによると、現場近くに止めてあった車からは、複数の盗品が見つかった。

フェデックスと運転手は捜査に協力しているが、WPVIによれば、従業員の銃携帯に関する方針についての質問に、同社からの回答はなかった。

運転手は病院に運ばれ、容体は安定しているという。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「米国」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]