9歳児が姉を射殺、ゲーム用リモコンでけんか 米南部

米ミシシッピ州で9歳児が姉を射殺する事件が起きた

米ミシシッピ州で9歳児が姉を射殺する事件が起きた

(CNN) 米南部ミシシッピ州で、9歳の男の子がゲーム用のコントローラーを巡って13歳の姉とけんかになり、両親の寝室から持ち出した銃で姉を射殺する事件が起きた。

同州モンロー郡の保安官によると、事件は先の週末に発生した。2人の母親は、台所にいて昼食の準備をしていたという。

保安官はCNNの取材に対し、「男の子はコントローラーが欲しかった。銃がどこにあるかは知っていたらしい」と説明した。

短銃はベッドサイドテーブルにしまってあり、男の子はこれを持ち出して、姉の後頭部を銃撃した。

姉はメンフィスの小児病院に運ばれたが、18日に死亡が確認された。

捜査当局は検察と連携してこの事件に関する捜査を続けているが、現時点で関係者の訴追には至っていない。

「子どもがこのような形で撃たれた事件を扱うのは、私にとっては初めて」「二度と扱いたくない」と保安官は話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]