米海軍基地でサウジ軍将校が銃撃 3人死亡、8人負傷

ペンサコーラ海軍航空基地前に配備された警察官/WEAR

ペンサコーラ海軍航空基地前に配備された警察官/WEAR

(CNN) 米フロリダ州のペンサコーラ海軍航空基地で6日、同基地で訓練中のサウジアラビア軍の少尉が銃を発砲し、3人が死亡、少なくとも8人が負傷した。エスパー国防長官や当局者が明らかにした。

容疑者は射殺された。捜査当局の情報筋2人は男の身元について、サウジアラビア国籍のモハメド・アルシャムラニ容疑者としている。捜査員がテロ関連の動機の有無を調べているものの、捜査はまだ初期段階にある。

同州エスカンビア郡の保安官によると、当局に銃撃事件発生の通報があったのは午前6時51分ごろ。犯人は拳銃を使っており、保安官代理2人との銃撃戦の末、射殺された。同基地の司令官によると、銃撃は教室のある建物で発生した。

負傷者は病院に搬送されたという。犯人と対峙(たいじ)した保安官代理も1人が腕、1人が膝に銃撃を受け負傷した。2人とも命に別条はない。

トランプ米大統領はツイッターで、サウジのサルマン国王と電話で事件について話したと説明。国王からは「サウジ国民は銃撃犯の凶行に憤りを覚えている。この人物は米国人を愛するサウジ国民の思いをいかなる形でも表していない」との言葉があったという。

ペンサコーラ海軍航空基地の幹部によると、同基地では長年、「パートナー国」の研修生が訓練を積んできた。大まかな推計で数百人の外国人研修生がいるという。

米軍では2日前にも、ハワイ州真珠湾の海軍施設で、現役の海軍要員が民間人2人を殺害、1人を負傷させて自殺する事件が起きたばかりだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]