女性の遺体愛撫の疑いで警官取り調べ、ボディーカメラに証拠映像 米

警官が装着するカメラに女性の遺体を愛撫する映像が記録されていた/Robyn Beck/AFP/Getty Images

警官が装着するカメラに女性の遺体を愛撫する映像が記録されていた/Robyn Beck/AFP/Getty Images

(CNN) 米ロサンゼルス市警は4日、女性の遺体発見の現場に出動した警官1人が遺体の胸を愛撫(あいぶ)していた疑いが浮上し、取り調べを受けていることを明らかにした。

警官が体に装着していたカメラにこの映像が収まっていたという。地元紙ロサンゼルス・タイムズは、警官はカメラを直前に切っていたが、写真データが長さ2分間の一時記録用メモリーに残っていたと伝えた。

捜査状況に詳しい消息筋によると、今回の不祥事は数週間前に発生。市警の警官に配備されるボディーカメラの無作為の調査で判明した。

同紙によると、問題の警官は同僚と共に住宅で遺体発見との可能性を示す通報で出動。調べで死亡を確認後、同僚の警官が所用で車に戻った隙に、遺体の胸を触っていたという。

渦中にある警官は休職処分となった。同じ職場の警官たちは怒りを示しているという。捜査が続行しているとして今回の事案は検察当局に送られていない。

市警警官の労組は「疑惑の行為が本当なら間違っているだけでなく極めて当惑すべき事柄。警官として我々が抱く価値観とは相いれない」と声明で発表した。労組委員長は、死去した女性の遺族への謝罪も表明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]