スタバでコーヒー注文の警官、「ブタ」と印字のカップ受け取る 米

米スタバでコーヒー注文の警官に「ブタ」と印字のカップ

(CNN) 米オクラホマ州で感謝祭の28日、警官がスターバックスの店舗でコーヒーを注文したところ、ラベルに警官を侮蔑的に示すスラングの「ブタ(PIG)」と印字されたカップを受け取る出来事があった。同州キーファー警察の署長が明らかにした。

ジョニー・オマラ署長のフェイスブックによると、問題のカップを受け取った警官はこの日、共に祝日勤務していた通信司令員にコーヒーを買おうと店舗を訪れていた。スターバックスの広報は同日、警官に謝罪したことを明らかにし、調査が終わるまでバリスタを停職処分にしたと述べた。

オマラ氏はラベルに「PIG」と印字されたカップの写真を投稿。「私にとっていら立たしいのは、自宅で家族と食事やフットボールの試合を楽しむ代わりに、地元の小さな町でパトロールに当たる警官を完全に軽蔑していることだ」と書き込んでいる。

国勢調査の数値によると、キーファーの人口は1700人以下。同州タルサの南西に位置する。

CNN系列局のKTULは、警官は5人分のドリンクを買いにキーファーの東郊、グレンプールにあるスターバックスの店舗を訪れていたと報道。来店客の1人がカップに貼られたラベルに気付き、警官に指摘したと伝えた。PIGの単語は全てのカップに印字されていたという。

オマラ氏は投稿で、店に電話したところ、「正しいラベルの付いたコーヒーと取り換えます」と告げられたとつづった。KTULによれば、取り換えは警官が再び来店しカップを持ってきたら対応するとの話で、警察署長が求めていた種類の謝罪ではなかったという。

スターバックスの広報は今回の件について、「絶対に受け入れられない」と表明。この警官に直接謝罪するとともに、警察署長に連絡を取っていることを明らかにした。

また問題の単語については「あらゆる法執行当局者にとって侮辱的な言葉であり、地域社会の安全を保つために休みなく働く警官たちへの当社の深い感謝の念からはかけ離れたものだ」としている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]