米全土で暴風雪、感謝祭のUターンラッシュを直撃

米全土で暴風雪、5千万人に警報や注意報

(CNN) 米東海岸と西海岸の両方が1日、大雨や暴風雪などの悪天候に見舞われ、感謝祭の連休のUターンラッシュで混雑する空の便を直撃している。冬季に関連した注意報や警報の影響を受ける人は、全土で合わせて5000万人以上に上る。

空の便は全土で欠航や遅れが相次ぎ、アメリカン航空やデルタ航空など航空各社が予約便のキャンセルや変更を受け付けている。

航空機が滑走路上でスリップする事故も起きている。ニューヨーク州のバッファロー・ナイアガラ国際空港では1日午前、悪天候のため到着便がゲートへ向かう途中で滑走路からはみ出した。

サウスダコタ州チェンバレンでは11月30日、航空機が墜落して9人が死亡した。

米国立測候所によると、米中西部の北部に大雪をもたらした寒冷前線は北東部へと移動、同地でも積雪や冷たい雨が予想されている。

北東部では3日までの積雪が約30センチに達する見通し。ニューヨークでは1日から2日にかけて1時間に約5センチの雪が降ると予想され、道路上に雪が積もって危険な状態になったり、倒木や送電線の寸断が起きる可能性もある。

ニューヨーク市では1日夕刻の大雨が翌朝までに雪に変わると予想され、2日までの積雪は7~13センチに達する見通し。クオモ知事は州兵を待機させていることを明らかにした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]