米映画館、「感染性の高い検体」誤配で観客ら避難 「尿」と判明し処分

映画館への誤配を受けて派遣された緊急車両/Eastside Firefighters/Twitter

映画館への誤配を受けて派遣された緊急車両/Eastside Firefighters/Twitter

(CNN) 米北西部ワシントン州ノースベンドの映画館に「感染性の高いヒト検体」と表記された小包が届き、観客らが一時退避する騒ぎがあった。

この映画館では11月29日夜、映画の上映が突然中止されて消防隊が出動した。地元のCNN系列局によると、当局は観客らを退避させ、周囲の道路を封鎖した。

映画館の責任者は念のため、病院で検査を受けた。約1時間後に館内の安全が確認され、届いた小包は尿の検体と判明して処分された。

映画館はウェブサイト上で「危険はなかった」と報告し、30日には再開して予定通りディズニー映画の新作「アナと雪の女王2」を上映すると発表した。

小包の本来のあて先は、70キロ余り離れた同州タコマの病院だった。地元警察によると、それがなぜ映画館に届いたのかは明らかでない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]