自家製の装置で撃たれる、男性が死亡 米メーン州

メーン州在住の男性が玄関に設置していた自家製の装置に撃たれて死亡した/shutterstock

メーン州在住の男性が玄関に設置していた自家製の装置に撃たれて死亡した/shutterstock

(CNN) 米メーン州の住宅で、玄関に設置された自家製の装置によって銃撃を受けて男性1人が死亡した。警察が明らかにした。

警察によれば、ロナルド・シールさん(65)から11月28日夜、撃たれたと通報があった。

現場に到着した警官は、玄関のドアで、家に侵入しようとした人物がいた場合に拳銃を撃つように設計された装置を発見した。

警察はこのほかにも家の周囲に未知の装置を発見し、州の爆弾処理班に連絡を取った。

シールさんはその後、傷がもとで死亡した。約1時間にわたって捜査が行われ、当局は、シールさんは自家製の装置のひとつが意図せずに作動して撃たれたと判断した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]