銃撃戦の流れ弾、寝ていた幼児の横のぬいぐるみに当たる 幼児は無事 米

銃弾が貫通したぬいぐるみ/City of Madison Police Department

銃弾が貫通したぬいぐるみ/City of Madison Police Department

(CNN) 米ウィスコンシン州マディソンで先週末に銃撃戦が起きた際、流れ弾が付近の民家で寝ていた幼児のそばにあったぬいぐるみに当たったものの、幼児は間一髪で難を逃れていたことがわかった。

銃撃戦は24日夜に発生。銃弾は止めてあった車や複数の民家に直撃した。マディソン警察によると、このうち1発が3歳児の寝室の壁を貫通し、子どもから約13センチの位置にあった人気キャラクター「ベイビーシャーク」のぬいぐるみを直撃したという。

CNN系列局WMTVによると、幼児はぬいぐるみで遊んだ後、ベッドで寝入っていた。

現場に到着した捜査員は、一帯で少なくとも45個の薬きょうを回収。マディソン警察の報道官は「1件の銃暴力事件後に見つかった薬きょうの数としては過去最多の可能性がある」との見方を示した。

WMTVは警察の話として、銃弾は対立関係にある集団間で起きた銃撃戦で発射されたものだと伝えた。負傷者や逮捕者が出たとの情報はない。

市長は声明で「マディソンで銃暴力が許容されることはない。関与した者らは人命を顧みない姿勢を示しており、死傷者が出なかったのは幸運だ」と説明し、事件に関する情報提供を求めた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]