80代女性がお手柄、得意の腕力で侵入者を撃退 米NY州

80代女性、得意の腕力で侵入者を撃退 

(CNN) 米ニューヨーク州ロチェスターで先週、一人暮らしの高齢女性が侵入者をこてんぱんにやっつける快挙を成し遂げた。スポーツジムで鍛えている腕力のおかげだという。

ウィリー・マーフィーさん(82)が21日夜、自宅で就寝の準備をしていると、玄関のドアをたたく音がした。救急車を呼んでくれと叫んでいたが、マーフィーさんは中に入れず、警察に通報した。

男は怒ってドアを破り、侵入してきた。「薄暗い中に年寄りが一人。ところが私、力が強いのです」と、マーフィーさんはたくましい腕を見せる。「あの男は入る家を間違えましたね」

マーフィーさんはボディービルの大会で賞を取ったことがあり、今も近所のジムでほぼ毎日、トレーニングを続けている。

男に向かってまず投げ付けようとしたテーブルが、なんと壊れてしまった。マーフィーさんはひるまず、金属でできたテーブルの脚で男を殴り続けた。

倒れた男に2~3回馬乗りになり、起き上がろうとしたところで顔にシャンプーを吹きかけた。さらにほうきを持ってきて、男を何度もたたいた。

男が逃げようとするので、一緒になって引っ張り出そうとしたが、100キロ以上のウェートを持ち上げるというマーフィーさんの力でも、男はびくともしなかった。

ようやく警察が到着した時、男はすでにこてんぱんの状態。救急車に乗せられて「ほっとしたに違いない」と、マーフィーさんは胸を張った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]