トランプ氏、香港人権法案の署名明言せず 米中貿易交渉絡め

トランプ大統領(左)は習近平国家主席を「友人」と呼び、香港人権・民主主義法案の署名を明言しなかった/Getty Images/Dennis Van Tine/Sipa/AP Images

トランプ大統領(左)は習近平国家主席を「友人」と呼び、香港人権・民主主義法案の署名を明言しなかった/Getty Images/Dennis Van Tine/Sipa/AP Images

ワシントン(CNN) トランプ米大統領は22日、米連邦議会を先に通過していた「香港人権・民主主義法案」の署名を明言せず、「香港の住民を支持しなければいけないが、私は習近平(シーチンピン)国家主席も支持する」とも述べた。

FOXニュースとの会見で表明した。「主席は私の友人。(香港の)問題を解決して欲しい」とも語った。

トランプ氏はこれまで、香港の民主派の抗議活動より習主席との間で続く米中貿易協議を重視する言動を示してきたが、今回の発言にもその姿勢がにじんでいる。

トランプ大統領は会見の中で、「現在の米中貿易交渉と中国への強硬姿勢を迫る米議員との間のバランスに留意する必要がある」と指摘。

その上で貿易交渉のディール(取引)成立は近いとも主張。「成立が間近の可能性がある」としながらも、「彼(習主席)は私以上に成立を望んでいる。ただ、私は成立を急いでいない」とも述べた。

米上院は今週前半に同法案を可決。下院でも同様の法案が可決されており、トランプ米大統領が署名すれば法律は成立する。発効した場合、米政府は毎年、香港の高度な一国二制度が機能しているかどうかの検証が義務付けられる。機能せずと判断した場合、米国が香港に付与する関税の優遇措置などを見直す可能性がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]