ウイグル族拘束をめぐる内部文書、米紙に流出 中国が反発

ウイグル族の強制収容所の問題をめぐり、内部文書とされるものが流出した/GREG BAKER/AFP/Getty Images

ウイグル族の強制収容所の問題をめぐり、内部文書とされるものが流出した/GREG BAKER/AFP/Getty Images

香港(CNN) 中国当局が新疆ウイグル自治区で多数のウイグル族住民を拘束している問題などをめぐり、中国共産党内部から400ページ以上の文書が流出したと、米紙ニューヨーク・タイムズが報じた。中国は文書が曲解されたと主張し、強い反発を示している。

16日付の同紙が伝えた党の内部文書には、ウイグル族の大量拘束に関する党上層部の指示などが書かれている。ある幹部は部下らに「1人残らずつかまえろ」と命じていた。

習近平(シーチンピン)国家主席が2014年、現地の職員らに対して、テロリストや分離主義者を「容赦なく」取り締まれと指示した未公開の演説原稿も含まれていた。新疆ウイグル自治区の区都ウルムチでは、この演説の数日前にテロが起きていた。

拘束作戦に反対したり、拘束された人々の解放を試みたりした党員数人が粛清されたとの記述もある。

同紙によると、文書を持ち出したのは中国政界で一定の地位にいるメンバー。ウイグル族への政策をめぐり、習氏をはじめとする党幹部の責任を問うのが目的だったとされる。

中国外務省の報道担当者は18日、同紙が断片的な文書の内容を歪曲し、「内部文書」と称して中国の対テロ政策と「脱過激化」の取り組みを中傷したと主張。新疆の件は中国の内政問題にほかならないと強調し、欧米の「反中勢力」が「偽ニュース」を流し続けていると非難した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]