風船「ベビー・トランプ」が切り裂かれてぺしゃんこに 米アラバマ州

「ベビー・トランプ」がぺしゃんこに

(CNN) 米アラバマ州タスカルーサのスタジアム付近で9日、大学アメフトの試合を観戦したトランプ米大統領に対する抗議のシンボル、「ベビー・トランプ」風船が何者かに切り裂かれた。

スタジアムではこの日、強豪のアラバマ大学とルイジアナ州立大学が対戦。多くのファンが詰めかけ、トランプ氏も観戦に訪れて客席から歓声を浴びた。

トランプ氏を赤ん坊に見立てた巨大風船は、スタジアムから1~2キロ離れた地点に設置されていた。しかし試合開始前の午後2時半ごろ、正体不明の男が駆け寄ってナイフを突き刺したため、空気が抜けてしまった。

抗議行動を主催したグループのメンバーによると、近くにいた警官らがこの男ともう1人、運転係とみられる人物を拘束した。男らの動機は明らかでない。

高さ約6メートルの「ベビー・トランプ」がスタジアム近くに設置された/Nic Gulas
高さ約6メートルの「ベビー・トランプ」がスタジアム近くに設置された/Nic Gulas

抗議グループはここに風船を掲げるための費用を、インターネット上のクラウドファンディングサイト「ゴーファンドミー」で調達した。当初の目標額4000ドル(約44万円)に対し、2日間で7882ドルの資金が集まったという。

ベビー・トランプ風船は昨年7月、トランプ氏の訪英に抗議する団体がロンドン上空などに浮かべて注目された。その後も米ニュージャージー州などのデモに送り込まれていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]