電子たばこで死者、初の事例か 米イリノイ州

電子たばこが原因とみられる肺疾患によって成人が死亡する事例が報告された/Shutterstock

電子たばこが原因とみられる肺疾患によって成人が死亡する事例が報告された/Shutterstock

(CNN) 米イリノイ州の保健当局は、電子たばこを使用した成人男性がその後、重篤な呼吸器疾患にかかり死亡したと明らかにした。電子たばこによる死者が報告された最初の事案の可能性がある。全米で肺に関連した疾患の数が増えており、医師からは電子たばこと関連があるかもしれないとの見方が出ている。

米疾病対策センター(CDC)によれば、電子たばこによって引き起こされた可能性のある重篤な肺の病気を患った人の数は22州で193人に上るとみられている。

イリノイ州だけでも、電子たばこによるものと確認された人、あるいは関係が疑われている人の数は22人と、前週と比較して2倍となった。さらに12人が調査対象となっている。

イリノイ州の公衆衛生部門のトップは声明で、「人々が経験している病気の深刻度は警戒すべき」と指摘。電子たばこの使用は危険な場合もあり得ると公表すべきだと述べた。 州当局によれば、患者の症状は、せきや息切れ、疲労、おう吐、下痢など幅広い。

保健当局者によれば、さまざまな州での疾患に関係があるのかや、こうした疾患が本当に電子たばこによって引き起こされたものなのか、電子たばこに含まれる成分や化学物質が原因なのかといった点については依然として不明。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]