耳に水が入ったと思ったら、正体は毒グモ 米病院

耳に水が入ったと思ったら、正体は毒グモ

(CNN) 米ミズーリ州カンザスシティーの病院でこのほど、左耳に水が入ったと訴えた女性患者から毒グモが摘出される出来事があった。

スージー・トーレスさんは21日朝、目を覚ますと耳の中で水が跳ねるような音がするのに気づいた。大ごととは思わず、仕事の後に検査を受けようと決めた。

病院ではまず、医療助手がトーレスさんの耳を観察。その後あわてて他のスタッフを呼び、看護師2人、医学生3人、医師1人が加わって外耳道内にクモが居座るのを発見した。

トーレスさんは頭部にクモがいると知っても動じなかった。ただ、医師らが耳に入れようとした器具類を見たときはゾッとしたという。

医師は耳に水を流し込んだが、クモは動かなかった。さらに何度か挑戦した末、無事摘出に成功。取り出した個体を調べた結果、夜行性の毒グモの一種、ドクイトグモと判明した。

女性患者の耳から出てきたのは毒グモだった/courtesy Susie Torres
女性患者の耳から出てきたのは毒グモだった/courtesy Susie Torres

看護師はクモは死んでいると教えてくれたが、「それは私を怖がらせないようにいっただけかも」とトーレスさんは語る。医療チームの話では、奇跡的なことにクモは患者をかむことなく外耳道から出てきたという。

トーレスさんはクモが就寝中に耳の中に入り込んだ可能性もあると考え、すぐに耳栓を購入した。

ドクイトグモは材木や岩の陰にひそむ。米疾病対策センター(CDC)によると、屋内に入り込んだ場合はクローゼットや屋根裏、靴をすみかとすることが多い。

米中西部に広く生息しており、かむのは皮膚に押し付けられた場合だけだという。注入されるのは壊死(えし)性の毒で、血球を破壊し、重篤なケースでは手足を失うこともある。アーカンソー州では昨年、ドクイトグモにかまれた女性が脚の切断手術を受けた事例もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]