米NY動物園、毒ヘビが脱走も「人間に危害与えない」

ブロンクス動物園がマングローブヘビが逃げたとして注意を呼び掛けている/Getty Images

ブロンクス動物園がマングローブヘビが逃げたとして注意を呼び掛けている/Getty Images

米ニューヨーク市のブロンクス動物園は10日までに、飼育する体長約1メートルの毒ヘビ「マングローブヘビ」が展示施設の檻(おり)から抜け出したと発表した。ただ、入園客に脅威を与えるヘビではないとも主張した。

猛毒のヘビではなく、毒性は軽度とも説明。声明で、人間に危害を与えるヘビとしては知られておらず、性格は臆病で活動は夜間に活発化するなどとした。

ただ、十分な注意を入園客に呼び掛けるため動物園入り口に「このへびを目撃したり接触する可能性は少ない」との説明文も掲示した。

同園関係者はCNN系列局WCBSの取材にヘビは檻のネットの網目から逃げた可能性があるとした。

米スミソニアン国立動物園などによると、マングローブヘビは体が黒色で、胴体や顔面には帯状の黄色の模様が入っている。人間に致命的となる毒は持っていないが、噛(か)まれた場合、皮膚に痛みが伴う腫れや変色が生じるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]