重武装で歩き回る男を逮捕、店内が一時パニックに 米

店舗内を歩き回っていた重武装の男が逮捕された/Julie Belew/KOLR

店舗内を歩き回っていた重武装の男が逮捕された/Julie Belew/KOLR

(CNN) 米ミズーリ州スプリングフィールドの警察は10日までに、重武装した男が小売り大手のウォルマートの店内を歩き回るなどしたとして逮捕したと発表した。テロの脅威を及ぼした容疑となっている。

発砲はなく、けが人もいなかった。騒ぎは8日午後に起きたもので、武装した男の姿に店内は一時、パニック状態に陥ったという。

地元警察によると、同店に銃乱射の実行犯がいるとの通報を受け警官が出動。20歳の容疑者はカートを押しながら、店内を歩き回り携帯電話で自らの姿を撮影するなどしていた。保持していた武器の詳細は伝えられていない。

地元のCNN系列局KYTVによると、店の責任者が火災警報を作動して顧客に逃げるよう促した。現場にいた武装した非番の消防士が警官が到着するまで容疑者を取り押さえていた。

警察が犯行の動機を調べている。報道担当者は「容疑者が今なお生きていられるのは正直言って幸運」とし、警官に射殺されるなどの可能性があったことを示唆した。

同州グリーン郡の検察当局は、ミズーリ州では個人が小火器を隠さず携行出来る権利があるとしながらも、無謀かつ犯罪的な方法で他人を危険にさらす行為を認めているわけではないと主張した。

テキサス州エルパソにあるウォルマート店では最近、銃の乱射事件が起き、多数が殺害されていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]