トランプ大統領、非白人の民主党女性議員らに「出身国に帰れ」

トランプ大統領が、非白人の民主党女性下院議員のグループに向けたとみられるツイートで出身国へ帰るべきだなどと指摘した/Alex Wong/Getty Images

トランプ大統領が、非白人の民主党女性下院議員のグループに向けたとみられるツイートで出身国へ帰るべきだなどと指摘した/Alex Wong/Getty Images

ワシントン(CNN) トランプ米大統領は14日、非白人の民主党女性下院議員のグループに向けたとみられるツイートで、出身国へ帰るべきだなどと発言した。これに対して民主党議員らが強い反発を示している。

下院では最近、プエルトリコ系のオカシオコルテス氏が率いる民主党の女性議員グループがトランプ政権の移民政策に対する批判を強め、メキシコ国境沿いに設けられた移民収容施設の劣悪な実態などを指摘している。

これに対してトランプ氏は14日、具体的な名前こそ挙げなかったものの、「進歩派の」民主党女性議員らはもともと「最悪で腐りきった、無能な政府」しかないような国の出身だと主張。自分たちが出身国に戻り、「壊れきった犯罪だらけの」現状を直せばいいと書き込んだ。

議員グループの4人は全員が非白人だが、オカシオコルテス氏とパレスチナ系のトレイブ氏、アフリカ系のプレスリー氏は米国生まれの米国人。オマール氏はソマリア生まれだが、17歳で米市民権を取得した。

トランプ大統領の指摘について、オカシオコルテス氏をはじめ、ペロシ下院議長や大統領選への指名争いをしている民主党議員らから非難する声が出ている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]