英国の駐米大使、トランプ氏を「無能」「適任でない」 英紙報道

米国のトランプ大統領。英国の駐米大使が本国への通信で、トランプ氏について「適任でない」などと指摘していたことが分かった/Tom Brenner/Getty Images

米国のトランプ大統領。英国の駐米大使が本国への通信で、トランプ氏について「適任でない」などと指摘していたことが分かった/Tom Brenner/Getty Images

(CNN) 英国の駐米大使が本国への通信で、トランプ米大統領を「無能」で「自信に欠け」、「適任でない」などと指摘していたことが分かった。英政府職員がCNNに確認した。

ダロック駐米大使から英外務省への通信内容がリークされ、英紙デイリー・メールが最初に伝えた。

同大使が2017年から現在までに送った公電や報告メモによると、トランプ氏のキャリアは「不名誉な終わり方」をする可能性があり、米ホワイトハウスの内部では「刃物を使った争い」が繰り広げられているという。同紙によれば、通信内容はトランプ氏の外交政策から再選へ向けた作戦まで、幅広い分野に及んでいた。

ホワイトハウスはCNNの取材に対し、ノーコメントと答えた。

英外務省は声明で、「英国民は大使らが駐在先の政治について、率直な意見を閣僚らに報告してくれるものと思っている。その意見は必ずしも閣僚や政府の意見と一致するわけではないが、率直であることが大使らの任務だ。米国の駐英大使が、英国の政治に関する自分の見解を本国へ報告するのと同じことだ」と述べた。

そのうえで、大使からの助言は適切に扱われ、秘密が守られることが重要だと指摘。さらに、在米大使館とホワイトハウスとの間には強いつながりがあり、今回の件でその関係が損なわれることはないと強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]